情報発信!メールの作成や配信

メールの効果を確認することができる

営業においてメールは広告や宣伝のためのツールとして使われます。しかし、メールを送った効果は重要となりますし、気になりますよね。マーケティングオートメーションの機能を持ったメール配信では、実際に顧客に送付してメールの効果を確認することができるのです。例えば、実際に開封して内容を見てもらえた数やリンクしているインターネットサイトを訪問した件数などを集計することができます。このような情報を分析することで、次回は顧客に興味を持ってもらえるようなキーワードや体裁を検討したメール配信や宣伝効果を確認し検証することができるのです。また、アンケート機能を付加することもでき、市場調査や顧客満足度などを簡単に実施することもできますよ。

タイムリーなメール配信を実施することが可能

営業目的に大量のメールを送信し続けるのは、サーバーに負担がかかりますし、送信タイミングの遅れにもつながります。こうした状況は、サーバーのメンテナンスや営業の機会を失い、マイナス効果を引き起こします。マーケティングオートメーションの機能を持ったメール送信として、自動的に最適な顧客にメールを送ることができるのです。例えば、商品のターゲット年齢層や地域に絞った顧客のメール送信や、リピーター限定にメール送信をしたりしてくれます。これは、マーケティングの分析機能とリンクしているため信ぴょう性は高いです。ユーザー自身が顧客リストからターゲットを選択して意図的に送信することも可能です。具体的には、新規顧客や性別や誕生月などがあります。