情報収集!顧客の行動を分析

マスマーケティングからCRMそしてマーケティングオートメーション

かつて、大量生産時代のマーケティング手法といえば、マスマーケティングが主流でしたが、その後、顧客一人ひとりのニーズに着目したものへと変化してきました。なかでも、CRMと言われる顧客満足度やロイヤリティを高めながら、売上アップを目指す手法が注目を集めています。この手法をデジタルコンテンツの分野で活用していこうとするものが、マーケティングオートメーションです。拡大の背景として、業務上の連絡手段が、電話やファクシミリからパソコン、そしてスマートフォンやタブレットでのメールへと変化してきたことが関係しています。また、インターネット上の情報量の多さに伴って、コンテンツの質が注目されてきているという要因もあります。

双方向コミュニケーションからじっくり効率的に購買へと促す

マーケティングオートメーションは、情報収集によって把握している顧客の属性に合わせて、発信するコンテンツを変えていくことに特徴があります。より効率的にマーケティングをおこなうという点は、従来からあるWEBマーケティングとも似ています。しかしながら、WEBマーケティングが、よりスピーディーにという目的であるのに対し、マーケティングオートメーションは、顧客との互いのコミュニケーションに重点があります。 双方向のコミュニケーションを実行しながら効果を生み、結果的に購買やサービス利用率を上げていこうとする点が違いだと言えるでしょう。そのため、マーケティングオートメーションに適した商材には、実際に購買アクションを起こすまでに、一定の時間を必要とするものが向いているとされています。