安心!人為的ミスがなくなる

ヒューマンエラーを防ぐ仕組み

マーケティングオートメーションは、マーケティング活動を自動化するシステムで、これから自社の商品やサービスを使ってくれる見込みがある顧客にきめ細かいアプローチをすることが可能です。マーケティングオートメーションが導入する前は、人海戦術で行われる仕事が多く、見込みのある顧客に有用な情報を送り損ねていたり、逆に情報を拒む顧客にメールを送ってしまい、顧客の信頼を損ねてしまうということも発生していました。人間の集中力には限界があるため、このようなミスが発生するのは致し方ないことです。ですが、マーケティングオートメーションツールを活用すると、システム側で顧客データの集計や分析を自動的に行ってくれるため、見落としなどの人為的なミスが減ります。

システムの仕組みで間接的に人為的ミスを防ぐ

マーケティングオートメーションシステムの本来の目的は、コスト削減や収益率の向上にあります。これらの目的は、間接的に人為的ミスを防ぐ役割を果たしてくれます。例えばコスト削減という面ですが、マーケティングオートメーションを使用することで、はがきや封書、分析資料などの紙資源の削減が実現できます。紙の資料は情報がすぐに見られる点がよいところですが、紙の情報が多くなってくると見落としの原因となったり、紙を探すのに時間や労力を使うことになり、顧客に集中することができずにヒューマンエラーを招きやすくなります。 また、収益向上の面では、顧客ごとにどんな情報を送るか、また送るタイミングを自動化することで、特に業務に慣れていない人が行っても作業品質を維持できるのがメリットです。